【重要】自分の時間とお金が欲しければ○○になれ!
Pocket

こんにちは! 倫也(ともや)です!

 

サラリーマンを辞めてネットビジネスを始める人が多く

サラリーマン時代よりもかなりの額を手に入れている人、

成功している人が増えているネットビジネスですが、

 

その裏であまり稼ぐことができない、

続けられそうになくて悩んでしまっているという人も多いのではないでしょうか。

 

自分の時間とお金が欲しければ何になれば良いのか

今の現状から抜け出すにはどのようになれば良いのか

ネットビジネスにおける成功の秘訣について暴露していきます。

今の現状から抜け出すためには労働者から経営者になれ!!

給料が少ない、残業代が出ない、労働と対価が見合わない、プライベートが少ない・・・

そう思ってはいても現状から抜け出せずに

諦めてしまっているという人も多いのではないでしょうか。

 

それなりに給料はもらえても、刺激がなく毎日が同じことの繰り返し、、、

それでも本当に幸せなのでしょうか。

我慢をしていればいずれ大きなチャンスがやってくるのでしょうか。

 

答えはNOです。

現状を変えたい、もっと稼ぎたいと思っている人は現状から抜け出すことが大切です。

 

労働者も安定していて素晴らしいことではありますが、

決まった給料で将来性が見えない場所でずっと働き続けるのは無理がありませんか。

 

そんな人は労働者から経営者になることをオススメします。

 

経営者になることで、自分にはできなかった事にも手をつけることができたり

努力次第では普通のサラリーマンではありえないお金を稼ぐことができ

好きな時に好きなだけ休むことができるため

労働者でいるよりも経営側に回った方が人生がより豊かになること間違いなしです。

 

また、ネットビジネスで独立した事で大金を稼ぐことができた、

今までにない充実感を感じることができたという人がとても多くいます。

労働者と経営者との違いとは?

労働者と経営者との違い

実際に、労働者と経営者との違いとは一体何でしょうか。

 

そこで、両者の目線で見ることによって、違いがハッキリと分かります。

 

労働者目線で見てみると、

  • 与えられた指示だけを達成すれば良い。
  • 立場にによってはなかなか意見を言えない。
  • クビにされる可能性がある。
  • 言われたとやっていれば、会社の利益に関係なく給与をもらえる。
  • 時間に拘束されている

 

といった点が多いのではないでしょうか。

 

一方、経営者目線では

  • 稼げるかどうかは自分次第で収入に上限がない
  • 会社の舵を取れる。
  • 仕組みを作り、指示を与えるだけ。
  • 従業員に給料を払う
  • 時間に余裕ができる

 

といった点が多いです。

 

どちらも大きく異なるのですが、それぞれ大きな悩みがある事が分かりました。

 

その為、労働者だから楽、経営者だから楽というわけではなく

両者がいて会社が成り立つという事が分かりました。

 

また、経営者と労働者では成長のスピードが

異なる、立場、取組、考え方の違いも大きくあり、

 

経営者の場合は自分で考えなければいけない

決断をしなければいけない経済面の責任があります。

 

労働者の場合は指示に従えば良いだけですが、結果もしっかりと残さなければいけないのです。

雇われる側から雇う側になるとどうなるか?

雇われる側から雇う側になるとどうなるか?

雇われる側から雇う側になれば、

精神的にも楽ではないのかと思い込んでしまう人もいますが、実際は違います。

 

今まで雇われる側だったのに、急に雇う側になったからといって

結果をすぐに残せるという訳ではないのです。

 

雇う側は決して楽な仕事ではなく、それなりの責任がついてまわります。

能力が低い人を雇ってしまったり、問題がある人を雇ってしまうと最悪の場合、

会社が倒産になってしまうことも考えられます。

 

ネットビジネスにおいても、自分で起業をして最初は自分で全て行っていたけれども、

時間の確保やノルマ達成するのが難しくなり、

稼げるようになるまで、最低約2か月~3か月の時間が必要になってきます。

 

そこで、雇われる側から雇う側になり

重な人材を発掘しようと行動をする人も出てきますが

人材を確保することで、自分の時間を確保することができます。

まとめ

自分の時間とお金が欲しければ雇われる側ではなく

雇う側になれば良いということがわかりましたか?

 

実際に、何かに挑戦をしなければいけないというわけではなく

自分に出来る範囲で行うことが一番なのですが

経営者になることで、さらに楽しむことが出来るのではないでしょうか。

おすすめの記事